2016年6月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名のITプロフェッショナルが含まれていました。

 

「スマートグリッドは公共設備の最適化に寄与することができます。しかし、さらなるサイバーセキュリティや法規制に関する課題ももたらします。この調査の回答者は、これらの脅威を認識されているようです。しかし彼らのスマートシティ・イニシアチブには、さらなる改良の余地があります。スマートシティのサイバーリスクを特定することは、単なる 1 つのステップです。今後はこの認識をアクションに移行させる必要があるのです。」

レーカー・シェノイ Belden社 産業サイバーセキュリティ部門
バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャ

 

 

「セキュリティの世界は決して華やかではありません。たとえサービスの安全を維持するためと説明しても、プロジェクトにそれ以上の時間とコストがかかることを納得してもらうのは難しいことです。スマートシティ・イニシアチブは、都市インフラストラクチャ管理の実現に向けた技術の限界を追求しています。そして、調査結果から、そこでは明らかにサイバーセキュリティが会話から締め出されていることがわかります。」

ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門シニアディレクタ

 

どのスマートシティ・サービスが最もサイバー攻撃のリスクに直面していると考えますか。

あなたの管轄では、スマートシティ・イニシアチブを取り入れていますか。

smart-cities-survey-smart-grid-f2

これらのスマートシティ・イニシアチブはどれくらい重要ですか

smart-cities-survey-smart-grid-f3

都市はスマートシティ・イニシアチブのために適切なリソースをサイバーセキュリティ対策に割いていると思いますか

smart-cities-survey-smart-grid-f4

なぜ都市はスマートシティ・イニシアチブのためのサイバーセキュリティに十分なリソースを割かないのだと思いますか

smart-cities-survey-smart-grid-f5

 

「地方自治体は、コスト低減と効率の向上を実現するインダストリアル IoT(IIoT)への期待に目を奪われています。しかし、スマートシティ・イニシアチブが新しい脅威や規制要件、目に見えないコストに対処できなければ、その期待は薄れてしまうでしょう。スマートシティが成功するためには、重要なインフラストラクチャを積極的に保護していかなければなりません。」

レーカー・シェノイ Belden社 産業サイバーセキュリティ部門
バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャ