Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した本調査では、組織のサイバーセキュリティおよびコンプライアンスプログラムを最適化するために、組織が対処する必要のある主な課題を評価しました。調査では、500 名超のITセキュリティのプロが回答しました。

 

「セキュリティ要員のスキル不足に関する問題はすぐには緩和することができません。しかし、自動化の導入は、運用効率を維持するうえでの鍵となります。手持ちのツールを使用してアラートの優先順位付けを行うことで、インシデントに対応するまでの貴重な時間を縮小できます。コンテキストに基づいた適切なデータをアナリストが簡単に取得できれば、担当者は短い時間でもっと多くのことをできるようになります。」

ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門シニアディレクタ

 

御社は深刻なデータ侵害を効果的に検知・対応するために必要なテクノロジーを使用していますか?


御社は深刻なデータ侵害を効果的に検知・対応するために必要なテクノロジーを使用していますか?

御社のセキュリティツールの何パーセントを統合してデータの共有を行っていますか?


御社のセキュリティツールの何パーセントを統合してデータの共有を行っていますか?

御社のセキュリティチームは、さまざまなセキュリティソリューションから取得したセキュリティアラートの優先順位付けや関連付けを行っていますか?


御社のセキュリティチームは、さまざまなセキュリティソリューションから取得したセキュリティアラートの優先順位付けや関連付けを行っていますか?

 

「多くの企業にとって、情報の共有は重要な防衛戦略です。効果的に組織を守るためには、他の類似企業がどのような攻撃や侵害を受けているかを知ることが非常に大事です。」

ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門シニアディレクタ