今回のセキュリティ課題に関する調査では、500 名を超えるITセキュリティのプロフェッショナルに回答をいただいております。

 

「サイバーセキュリティは非雇用者にとって成長産業であり、需要に対し供給が追いついていない状態です。賢い企業は、情報の保護に関し従業員を教育し、能力開発を行う効果的なプログラムを確立しなければなりません。適切なツールでも、この問題を完全に解決することはできません。サイバーセキュリティスキルの欠如は、インシデントへの対応能力の低下につながるだけでなく、効果的なインシデント防止策の開発と導入をも阻害します。」

ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門ディレクタ

 

深刻なサイバーセキュリティの侵害を検知/対応するのに十分な熟練したサイバーセキュリティエキスパートを擁していますか?

skills-gap-g1

 

あなたの組織では、熟練したサイバーセキュリティエキスパートが不足しているためにセキュリティリスクが増大していると思いますか?

skills-gap-g2

 

熟練したサイバーセキュリティエキスパートの雇用は御社の課題ですか?

skills-gap-g3

 

あなたの組織では、熟練したサイバーセキュリティエキスパートの採用、トレーニング、保持に関する効果的なプログラムが用意されていますか?

skills-gap-g4

 

熟練したサイバーセキュリティエキスパートの不足を補うためにテクノロジソリューションの使用を試みたことがありますか?

skills-gap-g5

 

熟練したサイバーセキュリティエキスパートの保持は御社の課題ですか?

skills-gap-g6

 

サイバーセキュリティエキスパートを育成するための包括的なトレーニングプログラムが存在しますか?

skills-gap-g7

 

「ツールは人材の代わりにはなりません。しかし、効果的な自動化ツールは、熟練したスタッフに難題解決に費やす時間を与えてくれます。企業はサイバーセキュリティチームが手動で行っているタスクを見直し、自動化できないか検討すべきです。退屈な手動の作業を排除することで、従業員の定着率を上げることができるでしょう。」

ティム・アーリン Tripwire IT セキュリティ/リスク戦略部門ディレクタ